神奈川県水産総合研究所

相模湾定置網漁海況の2003年上半期の経過と2003年下半期の見通し


2003年上半期の経過

PDFファイルはこちらから

2003年1〜6月期の相模湾定置水温と黒潮流路

 1月から3月にかけては接岸傾向の強いN型(直進)で推移した。その後は小規模な流路変動が継続し、また接岸傾向は弱まった。相模湾では流路変動に伴い、暖水波及がしばしば発生した。沿岸水温は1〜3月は平年よりやや低め〜やや高め、4月はやや低め、5月以降は平年並みであった。
2003年4月1日 2003年6月30日
2003年4月1日
2003年6月30日

相模湾水温(平塚沖)
相模湾定置水温(平塚沖3m深)の経過
2003年上半期概況
2003年下半期予測
漁海況情報TOPへ

2003年1〜6月期の定置網漁況

2001〜2003年上半期定置網漁獲量

過去3年間の1月から6月末までの神奈川県内各定置網漁場と、伊豆東岸地区の標本漁場計33カ統における魚種別漁獲量上位10種をに示す。

総漁獲量

 今期の総漁獲量は7590tであった。前年比1.4倍、全前年比1.9倍と好漁した。伊豆地区が2982tと最も多く、次いで西湘地区が1691t、湘南地区が1471t、三浦地区が1324t、金田湾地区が122tであった。漁獲量上位10種については、以下のとおりであった。

総計地区別水揚げ量総計魚種別水揚げ量

1.カタクチイワシ

 相模湾全域で好漁し、2445tを漁獲した。前年比1.4倍,前々年比4.2倍と大きく増加した。本種は1月〜6月にかけて、4月を除き毎月359〜704tの高い漁獲量であった。

カタクチイワシ地区別水揚量カタクチイワシ月別水揚量

2.さば類

 相模湾全域で好漁し、1811tを漁獲した。前年比6.6倍,前々年比14.4倍と大きく増加した。5月に496t、6月に1108tが漁獲された。漁獲されたものの多くはゴマサバであった。

さば類地区別水揚量さば類月別水揚量

3.マアジ

 西湘および伊豆地区主体に1794トンが漁獲された。前年比0.92倍,前々年比1.2倍であった。3月から6月にかけて251〜540トンが漁獲された。

マアジ地区別水揚量マアジ月別水揚量

4.マルソウダ

 伊豆および西湘地区主体に399トンが漁獲された。前年比13.8倍、前々年比4.7倍と大幅に増加した。5月から6月にかけて、286トンおよび113トンが漁獲された。

マルソウダ地区別水揚量マルソウダ月別水揚量

5.マルアジ

 湘南地区主体に174トンが漁獲された。前年比1.3倍、前々年比2.5倍に増加した。4月から6月にかけて35〜65トンが漁獲された。

マルアジ地区別水揚量マルアジ月別水揚量

6.スルメイカ

 伊豆地区を主体に140トンが漁獲された。前年比1.2倍,前々年比0.8倍であった。3月に52トンを漁獲した。

スルメイカ地区別水揚量スルメイカ月別水揚量

7.ブリ

 伊豆および西湘地区を主体に72トンを漁獲した。伊豆地区で47トン、西湘地区で14トン、三浦地区で11トンが漁獲された。前年比0.48倍,前々年比0.23倍に減少した。期待された2000年生まれのぶりの漁獲は不振であった。3月および4月に銘柄ぶり主体にそれぞれ28トンずつが漁獲された。

ブリ地区別水揚量ブリ月別水揚量

8.アカカマス

 湘南および西湘を主体に57.3トンを漁獲した。前年比0.63倍,前々年比0.58倍に減少した。5月および6月にそれぞれ18トンおよび26トンが漁獲された。

アカカマス地区別水揚量アカカマス月別水揚量

9.スズキ

 三浦および金田湾地区主体に57.2トンを漁獲した。前年比0.54倍,前々年比1.2倍であった。1月に31トンが漁獲された。

スズキ地区別水揚量スズキ月別水揚量

10.マイワシ

 湘南および伊豆主体に56.8トンを漁獲した。前年比1.0倍,前々年比0.14倍であった。5月及び6月にそれぞれ17トンおよび18トンが漁獲された。

マイワシ地区別水揚量マイワシ月別水揚量

2000〜2002年下半期定置網漁獲量


2003年上半期概況
2003年下半期予測
漁海況情報TOPへ


2003年下半期の予測

2003年7〜12月期の黒潮流路と相模湾沿岸水温

 黒潮は期間を通じてN型(直進)基調で推移する。前半は流路変動が少なく、後半に相模湾への一部流入を伴う規模の小さな流路変動が予測され、海水温が上昇し、潮流が早くなる可能性がある。相模湾沿岸水温はやや低めで推移する。
予想流路1 予想流路2
予想流路1
予想流路2

詳細は神奈川県近海海況予報をご覧下さい。

2003年7〜12月期の定置網漁況

1.マアジ

 太平洋岸における資源水準は、中水準で横ばいである。相模湾では、7〜8月は20cm前後の1歳魚と、14cm前後の0歳魚主体に漁獲される。9月以降は0歳魚が主体。今期は、高水準であった前年同期を下回る。西湘地区では80トン程度の見込み。湘南および三浦地区では合わせて130トン程度の見込み。伊豆地区では120トン程度が見込まれる。

西湘地区マアジ漁獲量

2.ゴマサバ

 太平洋岸における資源水準は、中水準で横ばいである。相模湾では、上半期に引き続き、近年では高い漁獲が期待できる。ゴマサバ0歳(2003年級群)を主体に、期前半には2歳魚以上も目立って漁獲されるであろう。西湘地区では400トン程度が見込まれる。伊豆地区では600トン程度が見込まれる。なおマサバは、資源水準が極めて低水準であり、漁獲は期待できない。

西湘地区さば類漁獲量

3.ブリ

 太平洋岸における資源水準は、中水準で減少傾向にある。相模湾では、0歳魚(わかし、いなだ)主体に平年並みの漁獲となる。伊豆および西湘地区であわせて20トン以下、また近年の漁獲状況から、2000〜2002年級群が、わらさ〜ぶりとして一時的に入網することが期待される。

西湘地区ブリ漁獲量

4.マイワシ

 太平洋岸における資源水準は、極めて低水準で減少傾向にある。相模湾では1歳魚(中羽)主体となるが、残存資源量は少ないと思われる。0歳魚および2歳魚以上の来遊は期待できない。相模湾では前年並みの低水準の漁獲が見込まれる(前年は西湘地区で8.2トン。相模湾全体で74トン)。ただし、暖水波及等の海況変動が起きた場合には、湾東部で一時的にまとまった漁もあり得る。

西湘地区マイワシ漁獲量

2003年上半期概況
2003年下半期予測
漁海況情報TOPへ