神奈川県水産総合研究所

2003年8月

漁海況月報

2003-08-480

PDFファイルはこちらから

見出し


海況  黒潮接岸、沿岸潮流速い

漁況

定置網水揚  さば類の大漁継続

定置網主要魚種月別水揚グラフ

三崎魚市場水揚  ゴマサバ減少で水揚減少

三崎主要魚種月別水揚グラフ

さば類水揚情報  たもすくい漁なく水揚減少

漁海況情報TOPへ


海況

先頭へ戻る

黒潮:

 黒潮は8月初めに伊豆諸島北部海域で本州に接岸して流れ,その後も三宅島周辺海域を流れる直進型で経過していた。このため、黒潮の変動による沖合暖水の沿岸域への波及は弱かった。

黒潮の流型

「一都三県漁海況速報」による8月の黒潮流路

8月上旬8月中旬8月下旬

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  定置網主要魚種月別水揚グラフ  

三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ  さば類水揚情報

漁海況情報TOPへ

相模湾:

 三崎の水温は8月上旬に平年並で経過したが、冷夏の影響で中旬に22℃まで降温した。その後、次第に上昇して24℃台に戻った。平年に比べ上旬平年並、中旬2℃低めそして下旬は平年並みに回復した。そして、潮汐の大潮時期には相模湾内で急潮が発生した。

7月三崎瀬戸水温日別変化

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  定置網主要魚種月別水揚グラフ  

三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ  さば類水揚情報

漁海況情報TOPへ

漁況

定置網:(2003年8月1日〜31日)

概要

グラフはこちら

 神奈川県内各定置漁場と伊豆東岸地区の魚種別漁獲量上位10種をに示した。8月の総漁獲量は1,884tで、前月の2,108tと比べて9割に減少した。地区別の総漁獲量は、前月と比べて、西湘地区では1.3倍に増加、湘南地区では8割に減少、三浦地区でも8割に減少、金田湾地区では2.3倍に増加、伊豆地区では9割に減少した。西湘地区が478tと最も多く、次いで湘南地区が477t、伊豆地区が475tであった。最も漁獲量が多かった魚種はさば類で922tの漁獲があった。このうち、西湘地区で303t、伊豆地区で277tを漁獲した。2位はカタクチイワシで440tの漁獲があった。このうち湘南地区で287t、三浦地区で106tを漁獲した。3位はマルソウダで145tの漁獲があった。このうち伊豆地区で61t、西湘地区で58tを漁獲した。4位は(ブリ)わかしで54tの漁獲があった。このうち西湘地区で18t、三浦地区で17tを漁獲した。
 前年同月(2002年8月)と比較すると、漁獲が多かったのは、さば類、カタクチイワシ、ブリ(わかし)、シイラ等であり、少なかったのは、マルソウダ、マアジ、ヤマトカマス、マアジ(じんだ)等であった。

ブリ情報

 8月に漁獲されたブリの合計は66tであった。わかしが最も多く、54tの漁獲があった。このうち西湘地区で18t、三浦地区で17tを漁獲した。わらさは10tの漁獲があり、このうち三浦地区でほぼ全てにあたる10tを漁獲した。いなだは1.7tの漁獲があり、このうち西湘地区で857kg、三浦地区で729kgを漁獲した。ぶりの漁獲はなかった。

ブリ銘柄別水揚量

地区別概要

グラフはこちら

西湘地区: さば類、マルソウダ、カタクチイワシを主体に、前月の378tを上回る478tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(255t)比で1.9倍、一昨年同月(344t)比でも1.4倍であった。さば類の漁獲量は303tで、前月(213t)の1.4倍に増加し、前年同月(26t)比で12倍、一昨年同月(15t)比でも20倍であった。マルソウダの漁獲量は57tで、前月(620kg)の94倍に増加したが、前年同月(86t)比では7割、一昨年同月(68t)比でも8割であった。カタクチイワシの漁獲量は35tで、前月(45t)の8割に減少し、前年同月(32t)比では1.1倍、一昨年同月(223kg)比でも158倍であった。

湘南地区: カタクチイワシ、さば類、マルソウダを主体に、前月の628tを下回る477tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(313t)比で1.5倍、一昨年同月(215t)比でも2.2倍であった。カタクチイワシの漁獲量は287tで、前月(387t)の7割に減少し、前年同月(106t)比では2.7倍、一昨年同月(27t)比でも11倍であった。さば類の漁獲量は99tで、前月(193t)の5割に減少し、前年同月(57t)比では1.7倍、一昨年同月(22t)比でも4.4倍であった。マルソウダの漁獲量は16tで、前月(89kg)の181倍に増加し、前年同月(39t)比では4割、一昨年同月(24t)比でも7割であった。

三浦地区: さば類、カタクチイワシ、ブリ(わかし)を主体に,前月の543tを下回る439tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(225t)比で2.0倍、一昨年同月(234t)比でも1.9倍であった。さば類の漁獲量は240tで、前月(262t)の9割に減少し、前年同月(68t)比では3.5倍、一昨年同月(19t)比でも13倍であった。カタクチイワシの漁獲量は106tで、前月(221t)の5割に減少し、前年同月(44t)比では2.4倍、一昨年同月(5.4t)比でも20倍であった。ブリ(わかし)の漁獲量は11tで、前月(1.5t)の12倍に増加し、前年同月(8.7t)比でも2.0倍、一昨年同月(37t)比では5割であった。

金田湾地区: タチウオ(7.6t)、さば類を主体に、前月の11tを上回る25tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(28t)比で9割、一昨年同月(25t)比ではほぼ横ばいであった。タチウオの漁獲量は7.4tで、前月(1.6t)の4.6倍に増加し、前年同月(23t)比では3割、一昨年同月(14t)比でも6割であった。さば類の漁獲量は3.2tで、前月(2.9t)の1.1倍に増加し、前年同月(1.2)比でも2.7倍、一昨年同月(2.2t)比でも1.4倍であった。

伊豆地区: さば類、マルソウダ、マアジを主体に、前月の547tを下回る475tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(312t)比で1.5倍、一昨年同月(412t)比でも1.2倍であった。さば類の漁獲量は277tで、前月(356t)の8割に減少したが、前年同月(49t)比では5.7倍、一昨年同月(20t)比でも14倍であった。マルソウダの漁獲量は61tで、前月(6.2t)の9.8倍に増加し、前年同月(52t)比でも1.2倍、一昨年同月(58t)比では1.1倍であった。マアジの漁獲量は36tで、前月(9.2t)の3.9倍に増加し、前年同月(24t)比では1.5倍、一昨年同月(11t)比では3.2倍であった。

表・相模湾定置網2003年8月及び2008年7月魚種別漁獲量

定置網主要魚種月別水揚グラフ

伊豆地区から金田湾地区までの、定置網における主要魚種の月別水揚量推移です。

マアジ
さば類
マイワシ
カタクチイワシ
ぶり類
アカカマス
ヤマトカマス
スルメイカ
イサキ
マルソウダ
イボダイ
マルアジ
スズキ
タチウオ
全地区
西湘地区
湘南地区
三浦地区
金田湾地区
伊豆地区

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  定置網主要魚種月別水揚グラフ  

三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ  さば類水揚情報

漁海況情報TOPへ

三崎魚市場水揚状況(2003年7月30日〜8月28日)

グラフはこちら

 今期の水揚げは、全体で181.2tであり、前漁期の273.7tの7割であった。魚種別では、ゴマサバが最も多かったが、前漁期の2割の27.5t、次いでマサバが27.5tで前漁期の1.4倍、キンメダイが22.7tで前漁期の7割、ブリが18.5tで前漁期の4.2倍、マアジ15.6tで前漁期並、以下、かます類、メダイ、そうだがつお類、カタクチイワシ、ムツの順で水揚量が多かった。ゴマサバ、カタクチイワシが大きく減少し、マサバ、ブリが増加した。水揚量上位10種を以下に示す。

2003年8月三崎魚市場水揚上位10魚種  単位:トン
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 総漁獲量
魚種名 ゴマサバ マサバ キンメダイ ブリ マアジ かます類 メダイ そうだがつお類 カタクチイワシ ムツ
今漁期
27.5
27.5
22.7
18.5
15.6
11.8
9.6
8.9
7.2
3.1
181.2
前漁期
107.2
19.6
33.7
4.4
16.2
10.5
17.0
0.2
36.2
2.6
273.7
増減
-79.7
+7.9
-11.0
+14.1
-0.6
+1.3
-7.4
+8.7
-29.0
+0.5
-92.5


釣り:底魚釣りでは、伊豆諸島方面を中心に操業する船は、キンメダイ1.3tで前漁期の8割、メダイ3.7tで前漁期の6割であった。沿岸域では、ダツ1.2tで前漁期の6割であった。沖合域は、キンメダイが20.7tで前漁期の7割、メダイ5.4tで前漁期の6割であった。さば釣りは、島周りでの漁獲はほとんどなく、沿岸域でゴマサバが1.3tであった。

定置網:定置網漁は全体で131.2tであり、前漁期の8割の水揚であった。水揚が最も多いのはゴマサバの24.9tで前漁期の4割、次いでマサバが24.1tで前漁期の1.4倍、ブリが18.3tで前漁期の4.3倍、マアジが15.3tで前漁期並、かます類11.6tで前漁期の1.1倍、そうだがつお類が8.9tで前漁期の47倍であった。

刺し網等:イセエビ406kg、マダコ325kg等の水揚であった。

その他:カンパチ1.0t、マダイ0.6t等の水揚であった。

表・三崎沿岸主要釣漁業魚種別水揚量

三崎魚市場主要魚種月別漁獲量グラフ

三崎魚市場の主要魚種の月別水揚量の推移です。

マイワシ
カタクチイワシ
マサバ
ゴマサバ
マアジ
ぶり類
キンメダイ
メダイ
マダイ
スズキ
かます類
タチウオ
ダツ
カンパチ
カツオ
そうだがつお類
全魚種

さば類水揚情報


 長井町漁協での8月のさば類の水揚は、マサバ43.4t、ゴマサバ49.7t、合計93.1tで、前月比約4割であった。マサバは定置網で34.2t、釣りで9.2t漁獲され、ゴマサバは定置網42.7t、釣り7.0tであった。たもすくいによる漁獲はなかった。
 みうら漁協松輪支所での8月のさば類の水揚は、マサバ75.2t、ゴマサバ15.5t、合計90.7tで、前月比約6割であった。

単位はトン
長井
松輪
漁期 マサバ ゴマサバ 合計 マサバ ゴマサバ 合計
2003年8月
43.4
49.7
93.1
75.2
15.5
90.7
2003年7月
40.0
211.7
251.7
121.0
22.6
143.6
増減
+3.4
-162.0
-158.6
-45.8
-7.1
-52.9

長井マサバグラフ 長井ゴマサバグラフ

松輪マサバグラフ 松輪ゴマサバグラフ  

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  定置網主要魚種月別水揚グラフ  

三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ  さば類水揚情報

漁海況情報TOPへ