神奈川県水産総合研究所

2002年7月

漁海況月報

2002-07-467



海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ

漁海況情報TOPへ


海況

先頭へ戻る

黒潮:

 潮岬沖から東流する黒潮は、5月、6月とやや離岸傾向であったが、7月は接岸の勢力が強く、月初めに伊豆諸島北部に接岸して、相模灘への黒潮分枝流が強く、そのまま中旬を経過した。下旬は房総沖で接岸し、伊豆諸島北部は幾らか沖に離れた。

黒潮の流型

「一都三県漁海況速報」による7月の黒潮流路

7月上旬7月中旬7月下旬

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ

漁海況情報TOPへ

相模湾:

 三崎の水温は、月初め平年より低い19℃であったが、急激に昇温して、5日には22℃となった。その後中旬は22℃前後で経過したが、20日過ぎて再び昇温した。このため、平年に比べて、月初めの一時期を除いて、高めで経過した。

7月三崎瀬戸水温日別変化

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ

漁海況情報TOPへ

漁況

定置網:(2002年7月1日〜31日)

概要

 神奈川県内各定置漁場と伊豆東岸地区の魚種別漁獲量上位10種をに示した。今月の標本漁場数は、前月と変わらなかった。7月の総漁獲量は757tで、前月の1,066tと比べて7割に減少した。地区別の総漁獲量は、前月と比べて、西湘地区は6割に減少、湘南地区も7割に減少、三浦地区でも7割に減少、金田湾地区でも4割に減少、伊豆地区では8割に減少した。三浦地区が260tと最も多く、次いで伊豆地区が187tであった。最も漁獲量が多かった魚種はカタクチイワシで197tの漁獲があった。このうち、三浦地区で103t、湘南地区で56tを漁獲した。2位はマアジで149tの漁獲があった。このうち三浦地区で50t、西湘地区で44tを漁獲した。3位はさば類で109tの漁獲があった。このうち湘南地区で42t、三浦地区で34tを漁獲した。4位はマアジ(じんだ)で43tの漁獲があった。このうち伊豆地区で32t、西湘地区で8.5tを漁獲した。

 前年同月(平成13年6月)と比較すると、漁獲が増加したものは、カタクチイワシ、マアジ、アカカマス等であった。減少したものは、マイワシ、ブリ(いなだ)、スルメイカ、マアジ(じんだ)等であった。ほぼ横ばいであったのは、さば類等であった。
 

ブリ情報

 7月に漁獲されたブリの合計は28tであった。わかしが最も多く、12tの漁獲があった。このうち湘南地区で9.0t、三浦地区で2.2tを漁獲した。わらさは9.2tの漁獲があり、このうちほぼ全てにあたる9.0tを伊豆地区で漁獲した。いなだは7.3tの漁獲があり、このうち三浦地区で5.8t、西湘地区で1.3tを漁獲した。ぶりは三浦地区で15kg、湘南地区で12kg漁獲されただけだった。

地区別概要


西湘地区:マアジ、カタクチイワシ、マアジ(じんだ)、を主体に、前月の188tを下回る113tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(121t)比で9割、一昨年同月(217t)比では5割であった。マアジの漁獲量は前月(135t)の3割に減少したが、前年同月(30t)比では1.5倍、一昨年同月(18t)比でも2.4倍であった。カタクチイワシの漁獲量は前月(8.6t)の2.2倍に増加し、前年同月(2.2t)比でも8.6倍、一昨年同月(4kg)比でも大幅に増加した。マアジ(じんだ)の漁獲量は前月(12t)の7割に減少し、前年同月(15t)比でも6割、一昨年同月(1.9t)比では4.7倍であった。

湘南地区:カタクチイワシ、さば類、マアジを主体に、前月の249tを下回る184tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(237t)比で8割に減少した。カタクチイワシの漁獲量は前月(152t)の4割に減少したが、前年同月(56t)比ではほぼ横ばいだった。さば類の漁獲量は前月(14t)の3.0倍に増加し、前年同月(14t)比でも3.1倍に増加した。マアジの漁獲量は、前月(20t)の1.3倍に増加したが、前年同月(5.6t)比では4.8倍に増加した。

三浦地区:カタクチイワシ、マアジ、さば類を主体に、前月の353tを下回る260tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(272t)比でほぼ横ばいであった。カタクチイワシの漁獲量は、前月(238t)の4割に減少したが、前年同月(12t)比では8.6倍であった。マアジの漁獲量は、前月(25t)の2倍に増加し、前年同月(12t)比でも4.2倍であった。さば類の漁獲量は、前月(47t)の7割に減少し、前年同月(39t)比でも9割であった。

金田湾地区:タチウオ、カタクチイワシ、マアジを主体に、前月の29tを下回る12tを漁獲した。タチウオの漁獲量は、前月(11t)の7割に減少したが、前年同月(319kg)比では26倍であった。カタクチイワシの漁獲量は、前月(12t)の2割に減少し、前年同月(7.4t)比でも3割であった。マアジの漁獲量は、前月(4.7t)の2割に減少したが、前年同月(94kg)比では12倍であった。

伊豆地区:マアジ(じんだ)、さば類、マアジを主体に、前月の247tを下回る187tを漁獲した。総漁獲量は前年同月(351t)比で5割であった。マアジ(じんだ)の漁獲量は、前月(28t)の1.1倍に増加したが、前年同月(51t)比でも6割であった。さば類の漁獲量は前月(17t)の1.6倍に増加したが、前年同月(43t)比では6割であった。マアジの漁獲量は前月(46t)の6割に減少し、前年同月(47t)比でも6割であった。

表・相模湾定置網2002年7月及び2001年7月魚種別漁獲量


先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ

漁海況情報TOPへ

三崎魚市場水揚状況(2002年6月30日〜7月29日)

 今期の水揚げは、全体で197.8tであり、前漁期の211.6tの0.9倍であった。魚種別にみると、マアジが最も多く49.9tで、前漁期の1.9倍であった。次いで、キンメダイが40.8tで前漁期の1.4倍、その他、かます類、カタクチイワシ、ゴマサバ、メダイ、アオアジ、マサバ、そうだがつお類、タチウオの順で水揚量が多かった。

表・三崎沿岸魚市場の水揚量上位10魚種

釣り:伊豆諸島方面を中心に操業する船では、底魚釣りはキンメダイの漁がほとんどなく、メダイが2.6tのみであった。沿岸域でも、キンメダイ0.4t、メダイ0.2tなど水揚がほとんどなかった。沖合海域は、キンメダイ40.2tで前漁期の2.7倍、メダイ4.2tで前漁期並みであった。島周り、沿岸域とも底魚釣りは、台風により海況が荒れたため、出船日数が大幅に減少した。沖合海域での底魚釣りのみ例年並みであった。沖合域でのサバ釣りも1.0tでほとんど水揚がなかった。

定置網:定置網漁は全体で137.8tであり、前漁期並の水揚であった。水揚が最も多いのはマアジの49.8tで前漁期の2.0倍、次いでかます類の33.5tで前漁期の5.6倍であった。以下順にカタクチイワシ19.9t、ゴマサバ8.9t、アオアジ5.9tであった。

刺し網等:タコ534kg、シタビラメ193kg等の水揚であった。

その他:カンパチ1.4t、タコ0.5t等の水揚であった。

表・三崎沿岸主要釣漁業魚種別水揚量

三崎魚市場主要魚種月別漁獲量グラフ

三崎魚市場の主要魚種の月別水揚量の推移です。

マイワシ  マサバ  ゴマサバ  マアジ  ぶり類   キンメダイ  メダイ

 スズキ  かます類  タチウオ  ダツ  カンパチ  カツオ  そうだがつお類



さば類水揚情報


 長井町漁協での7月期のさば類の水揚げは、マサバ8.7t、ゴマサバ152.7tで、合計161.4tであった。たもすくいによる水揚がやや減少し(97.5t)、釣りによる水揚(32.5t)が大幅に増えた結果、合計では前漁期並みの水揚となった。
 みうら漁協松輪支所では、マサバ16.4t、ゴマサバ23.0tと前漁期に比べ大幅に増加した。

単位はトン
長井
松輪
漁期 マサバ ゴマサバ 合計 マサバ ゴマサバ 合計
2002年7月
8.7
152.7
161.4
16.4
23.0
39.4
2002年6月
0.4
156.2
156.6
0.1
0.6
0.7
増減
+8.3
-3.5
+4.8
+16.3
+22.4
+38.7
 

先頭へ戻る

海況  黒潮  相模湾

漁況  定置網水揚  三崎魚市場水揚  三崎主要魚種月別水揚グラフ

漁海況情報TOPへ