トップページ>普及指導員情報>普及指導員の部屋旬の魚情報>どんな魚が獲れた?!

どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)

相模湾では、時季により様々な魚たちが水揚されています。相模湾で今何が獲れているのかを皆様に知っていただくため、このコーナーでは、魚市場(小田原〜真鶴)に揚がる旬の魚たちを紹介していきます。

 

「東北地方太平洋沖地震」による被災地の1日も早い復興を応援します。

 

トップページへ戻る
目  次
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(最新)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その352)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その351)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その350)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その349)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その348)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その347)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その346)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その345)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その344)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その343)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その342)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その341)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その340)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その339)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その338)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その337)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その336)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その335)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その334)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その333)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その332)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その331)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その330)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その329)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その328)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その327)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その326)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その325)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その324)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その323)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その322)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その321)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その320)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その319)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その318)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その317)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その316)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その315)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その314)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その313)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その312)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その311)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その310)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その309)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その308)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その307)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その306)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その305)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その304)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その303)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その302)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その301)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その300)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その299)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その298)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その297)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その296)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その295)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その294)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その293)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その292)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その291)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その290)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その289)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その288)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その287)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その286)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その285)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その284)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その283)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その282)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その281)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その280)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その279)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その278)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その277)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その276)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その275)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その274)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その273)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その272)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その271)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その270)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その269)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その268)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その267)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その266)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その265)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その264)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その263)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その262)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その261)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その260)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その259)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その258)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その257)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その256)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その255)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その254)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その253)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その252)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その251)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その250)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その249)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その248)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その247)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その246)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その245)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その244)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その243)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その242)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その241)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その240)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その239)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その238)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その237)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その236)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その235)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その234)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その233)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その232)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その231)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その230)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その229)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その228)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その227)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その226)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その225)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その224)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その223)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その222)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その221)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その220)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その219)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その218)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その217)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その216)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その215)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その214)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その213)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その212)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その211)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その210)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その209)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その208)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その207)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その206)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その205)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その204)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その203)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その202)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その201)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その200)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その199)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その198)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その197)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その196)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その195)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その194)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その193)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その192)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その191)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その190)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その189)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その188)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その187)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その186)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その185)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その184)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その183)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その182)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その181)
どんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)(その180)
これ以前は、目 次 へどうぞ!

その352〜 2015年5月21日 小田原魚市場 〜

5月も半ばを過ぎ、既に初夏の陽気。25度を超える夏日も多く、地域によっては、30度を超える真夏日を記録したところもあるようです。

気温の急激な変化で、体調を崩しやすくなっています。皆さん、お身体に気をつけてくださいね。

マアジ

さて、今朝は、各定置網で、マアジが多く水揚げされていました。

大型のマアジから、100g前後のマアジ、さらにジンダと呼ばれるマアジの子まで、サイズはまちまちです。

晩春の小田原アジは、脂がのり、最高においしいですよ。

また、先日開催された「小田原アジ・地魚まつり」も大盛況でした。詳しい模様は、こちらからどうぞ。

ワラサ(ブリの若魚)

真鶴の定置網では、ブリの若魚、ワラサが大漁です。

4月から続くブリは、いつまで続くのでしょうか。

サワラ

同じ定置網で、サワラも獲れています。

鮮度の良いものは、刺身で絶品。切り身は、酒粕や味噌漬けにしてもおいしいですよ。また、春野菜の上にサワラの切り身をのせ塩コショウをして、(塩麹でもおいしいですよ)蓋をし、電子レンジに5〜10分かける簡単料理も、なかなかのおいしさですよ。

カイワリ

高級なアジの仲間、カイワリです。少し小型のサイズが中心ですが、塩焼きや刺身で十分満足できるサイズです。

小田原に来た際、料理屋のメニューに「カクアジの…」とあったら、是非注文を。そのカクアジが、このカイワリのことです。

マルアジ

マアジに似ていますが、別種のマルアジです。

小型ですが、干物にしてもおいしく、また、その干物を素揚げにしてもおいしいですよ。

ホウボウ

ホウボウも少しまとまって獲れたようです。

春先に多く獲れていましたが、全体的には減少傾向です。

見栄えも良く、おいしい魚なので、人気もあり、少ない時期は高値となります。

チダイ

小田原の漁業者の定置網では、花鯛とも呼ばれる、チダイが獲れています。

時季としては、もっと早くから多く獲れてもよいのですが、今季は、少なめで推移しています。

ウルメイワシ

ウルメイワシも獲れています。

これから夏に向け、多く獲れるようになるイワシです。

鮮度が落ちるのが早いのが残念ですが、鮮度の良いものは、刺身で絶品です。煮ても、干物にしても旨味があり、非常においしいですよ。

タチウオ

タチウオの姿も見ることができました。

とてもおいしい魚ですが、歯がとても鋭く、誤って、口に手を入れると大怪我をしますので、気をつけてください。

タチウオは、皮目が特に脂があり、おいしく、刺身にするなら、皮目を炙って食べるのをおすすめします。

シロギス

定置網で、少なからずこのシロギスが獲れていました。

季節はずれの台風で、海底が揺り動かされ、一部が定置網に入り込んだのかもしれません。

砂浜の女王とも呼ばれるシロギスは、天ぷらが有名ですが、糸造りした刺身も絶品ですよ。

コノシロ

大磯の定置網で獲れたコノシロです。

何度か紹介していますが、出世魚の一つで、小さなシンコ、コハダの時期は有名で、しかも高値で取引されます。

成魚となったコノシロは、安価になりますが、脂がのっており、塩焼きでおいしく食べることができます。ただし、小骨が多いため、ハモのように骨切りをする必要があるのが手間かもしれません。

ミノカサゴ

定置網で獲れた美しい毒魚、ミノカサゴです。

毒魚と言っても、毒があるのは、ヒレの棘で、身には毒はなく、むしろ、とてもおいしい魚です。

こちらも調理する前に毒棘のある各ヒレをハサミで切っておく必要がありますが、脂ののった身は、刺身はもちろん、煮付けでもおいしく食べることができます。

オキヒイラギ

小魚がまとまって水揚されています。定置網で獲れたオキヒイラギです。

この魚は、丸干しにして炙って食べると、ビールや焼酎のお供にぴったりです。

ダイナンアナゴ

大きなアナゴの仲間が漁獲されています。ダイナンアナゴのようです。

仲間のクロアナゴも大きく育ちますが、それに勝るとも劣らない大きさに育つのがこのダイナンアナゴです。

巨大なアナゴの仲間ですが、脂が非常によくのっており、白焼きにすると脂が滴り落ちます。マアナゴには及ばないものの、おいしく、蒲焼などで食べても良いですよ。

カツオ

お!初鰹です。一本釣りのカツオが水揚されていました。

カツオを水揚する多くは、和歌山県などの一本釣り漁業者で、カツオの群れを追って、漁を続けており、小田原では、このような漁船を旅船と呼んでいます。

今回水揚した漁船も和歌山県から来た漁師の漁獲物。時季としては、遅めで、「やっと来遊してきたな。」というのが実感です。

キンメダイ

今朝もキンメダイが釣獲され、水揚げされていました。東京都の伊豆諸島方面で漁獲されたもののようです。

良型のものが多く、脂ものってそうです。

刺身、煮付け、しゃぶしゃぶ…、色々な料理が頭に浮かび、想像するだけで、口の中に唾が溢れてきます。

アブラボウズ

今朝も、オシツケこと、アブラボウズが釣獲されていました。

小田原周辺では、非常に人気のある魚で、高値で取引されることもあり、伊豆、東京都伊豆諸島方面や三浦からも水揚げされる魚です。

身に脂が多いので、煮付け等の方が、おいしく、量も食べることができます。

ヒラメ

活魚売り場では、ヒラメ刺網漁、最終盤を迎えてなお、獲れているヒラメが水揚されています。

小型のビラメが多くなってきましたが、写真の個体のように、少なからず良型が混じっているようです。

マトウダイ

今季、思ったほど漁獲が伸びなかったマトウダイです。

ヒラメ刺網漁が終わると極端に漁獲が減ります。

とてもおいしい魚ですが、来季に期待したいですね。

キアンコウ

こちらも同様、ヒラメ刺網漁で獲れるキアンコウです。

鍋の時季は終わりましたが、このキアンコウを使ったあんこうカレーは絶品です。

イシダイ

定置網イシダイも夏が近づくに連れ、数は減ってきたようです。

それでも、人気の高い魚ですので、量が少ない分、高値になるのではないでしょうか。

クロダイ

クロダイも少し減ってきたようです。

こちらも刺身などで人気が出てきており、もっと多く獲れてほしい魚です。

釣り人気も高い魚ですので、増えてくれば、釣り人にも喜ばれるのではないでしょうか。

ヘダイ

こちらは、良型のヘダイです。この辺りではシロダイと呼ばれています。

晩夏となる8月後半頃から漁獲が増え始める魚で、この時期は、あまり獲れません。しかも、良型のものが獲れるのは珍しいのではないでしょうか。

本家のマダイと比べると安価なのですが、とてもおいしいので、私はこのヘダイを使って、鯛めしを作ります。是非、試してみてください。

イサキ

良型のイサキが獲れています。

大型のイサキは高級魚として、刺身や寿司種として人気があります。

しかし、この辺りの定置網で獲れるものは、小型のものが多く、ゴッソリと呼ばれ、安価に扱われます。

ゴッソリは、小型とはいえ、高級魚であるイサキの子、このイサキのさつま揚げは、絶品です。

ヒゲダイ

前述のイサキの仲間、ヒゲダイです。

非常においしい魚で、刺身はもちろん、焼き物、ソテー、煮付けなどでもおいしく食べることができます。

鱗を取り除いた後、皮は捨ててはいけません。この皮目が、非常においしいので、刺身の場合は、皮を炙り、ソテーも皮目をしっかり焼いて食べてくださいね。

コショウダイ

こちらも前述のヒゲダイ同様、イサキの仲間、コショウダイです。

漁獲量としては、前述のヒゲダイよりも多く、比較的周年漁獲されている魚でもあります。

食べ方も同様ですので、是非、食べてみてください。

アオリイカ

定置網で獲れた大型のアオリイカです。

産卵のために接岸してきたものでしょうか。大型のもが多く獲れるようになってきました。

イカの王様とも呼ばれるほどおいしいイカです。是非、地物を味わいたいですね。

ヤリイカ

こちらはイカの女王、ヤリイカです。

こちらは産卵盛期も終わり、大型個体の漁獲は減ってきています。

これからの時季、生まれて間もない小型のヤリイカが獲れることがあります。

小型でもイカ飯等でとてもおいしく食べることができます。

カミナリイカ

コウイカの仲間で、大型になるカミナリイカです。

おいしいことで知られるコウイカの中でも、特においしい部類で、厚みのある身は、細造りの刺身や天ぷら、炒め物などでもおいしく食べることができます。

甘味のあるその身を是非堪能してほしいですね。

イセエビ

水温が上昇し、台風による時化もあり、イセエビが多く水揚されていました。

海が荒れるとイセエビは良く動くと漁師たちに知られており、時化後の刺網は大漁を期待するのですが、同時にゴミも多くかかってしまうため、その後の作業は非常に手間がかかります。

カワハギ

今朝も、カワハギが多く漁獲されていました。

この時季は、肝がやや痩せてしまうため、脂ののったおいしい肝は期待できないのですが、旨味のある身は、刺身でおいしく食べれます。

小田原漁港周辺の料理屋でも、地のカワハギを出している店は多いので、是非、来て食べてください。

ハモ

これから夏に旬を迎える高級魚、ハモが水揚されていました。

ハモ料理と言えば、京料理の定番で、上品なイメージがありますが、ハモ自身は、上品とはかけ離れた、獰猛な魚です。

同じ水槽に多く入れておくと、お互いを噛み合って傷がつき、中には死んでしまうものもいるそうです。

イズカサゴ

カサゴの仲間の中でも最高級にランクされる種、イズカサゴです。

ヒラメ刺網漁が終わると、ほとんどが釣りでの漁獲となるため、漁獲量は減ってきます。

刺身、煮付け、揚げ物、焼き物など、どんな料理でもおいしく食べることができ、見栄えも良いことから非常に人気の高い魚です。

釣り船でも人気があり、冬のシーズンになると、このイズカサゴ(相模湾では、オニカサゴと呼ぶ)を主対象にした釣り宿が多くなります。

私の大好きな魚の一つでもあります。

 

さて、実は、人事異動があり、長年続けてきた、このどんな魚が獲れた?!(小田原〜真鶴編)ですが、私が書く記事はこれが最後となりました。皆様、長い間、読んで頂き、ありがとうございました。

今後は、後任が引き継ぐ形となりますが、今後も読んでいただければ幸いです。

皆様、ありがとうございました。また何処かで…。


先頭へ戻る